不妊症の現実

前回の記事に引き続き、不妊症についての記事です。
まずは、不妊症の現実を確認してみたいと思います。

 

不妊症の性別割合は、

 

女性のみに原因がある場合:41%
男性のみに原因がある場合:24%
男性・女性ともに原因がある場合:24%
どちらに原因があるか不明な場合:11%

(※注意:日本での大規模な調査結果はないために、
少し古いですが1996年のWHOの調査結果より。)

などと言われているようです。
確かに女性の割合が多いようにも見えますが、
責任逃れや責任転嫁などをしないためにも
実際には男性女性それぞれが半分ずつ関与している
と捉えておくのが良さそうです。

 

不妊体質の改善に取り組むカップル

 

しかし、
身体的負担は格段に女性の方が大きいという現実
があることを男性は決して忘れてはいけません。

 

また、少し視点を変えると
日本の特殊な環境というのが見えてきます。

 


セックス頻度の低さと生殖医療技術の高さや実施数は、
どちらも日本が1番という現実。

(※参考:『世界各国のセックス頻度と性生活満足度
     『わが国における生殖補助医療(ART)の現状
     『日本とアメリカ、オーストラリアとの違い』)

 

妊娠を希望するなら、セックス頻度を高めるというのは、
普通に考えれば、当たり前のことかもしれません。

 

しかし、一般的な傾向として、
タイミング療法、人工授精、体外受精、顕微受精などの
不妊治療を開始したカップルは、
セックス頻度がさらに低下しがちであるという現実
があることも忘れてはいけません。

 

さらに、女性の卵子や男性の精子の質に関連して、
プレッシャーやストレスが大きく影響するという現実
(例えば『~しなければ』『~でなければ』などの『ねば』)
もあります。

 

不妊症の改善に取り組む時には、
『体』『ココロ』『たべもの』そして、『夫婦(パートナー)関係』の
バランスを整え調整することが必須
となります。
どれか1つだけに取り組めば良いというものではありません。

 

また、不妊症の改善に取り組むことは、
自分や夫婦(パートナー)の関係や在り方を考え直す、
とても貴重な機会にすることも可能です。
(そのチャンスを生かすかどうかは、本人次第ではありますが。)

 

しかし、あえて一番大切なことを取り上げるとするならば、
それは、『夫婦(パートナー)関係』であり、
お互いのココロのふれあいを大切にすることが、
プレッシャーやストレスの改善につながると、
私は考えています。

 

妊娠や子育ては夫婦やカップルで取り組むのがやはりおすすめです。
妊娠に大きな影響を与えるプレッシャーやストレスを少しでも減らすために、
男性が出来ること、女性が出来ること、一緒に取り組めること、
きっと色々とあると思います。
どうか、女性だけ(男性だけ)が頑張られるということがありませんように。

 

今回は、不妊症の現実をテーマに取り上げてみましたが、
不妊と妊娠に関連して、避けては通れず、
重要度も高いものがもう少し残っていることに気が付きました。

 

  • 卵子は老化するという事実
  • 人工授精や顕微授精に関連する不自然なストレスという事実
  • 精子も老化するという事実

 

次回これらについて、もう少しだけ補足しておきたいと思います。

 

追伸>>
妊娠と出産に関しては、自然の営みであり、
『絶対・大丈夫』というようなことは、
ありえないというのも厳しいですが現実の一つとして存在します。

 



甲状腺機能低下と不妊や流産の関係とは?

9月に入ったと思えば、なんだか季節まですっかり変わってしまったような。
子どもたちの夏休みも終わり、ほっとされている方も多いのでは?
夏の疲れ出ていませんでしょうか?

 

8月30日の読売新聞の医療ルネサンスというコーナーに
甲状腺機能低下症と妊娠・不妊・流産・早産・生まれてた子どもの影響
などが紹介された記事がありました。

 

脳下垂体と甲状腺
(引用:『ぜんぶわかる人体解剖図』)

[参考までに]
甲状腺ホルモンとは・・・・
代謝の促進に働くもので交感神経に似た作用があります。
体を元気よく働かせるために役立っているホルモンです。
(あくまでもイメージを持ってもらうための説明ですが。)

 

記事の内容(要約)は、以下のようなものでした。

 

・甲状腺の機能低下により、甲状腺ホルモンが少ないと、
 だるさ、のどがはれる、気力がないなどの症状がある。
 さらに、胎児の発育や妊娠の継続に欠かせないことも分かってきている。
 (※妊娠中は通常の3~5割多くなる)

 

・注意が必要なのは、血液中の甲状腺ホルモン値は
 正常範囲であるにも関わらず、脳下垂体から放出されて
 甲状腺ホルモンの分泌を促す甲状腺刺激ホルモンの値が高い
 潜在性甲状腺機能低下症というものがある。

 

・これは、甲状腺刺激ホルモンを多く分泌することで、
 見かけ上甲状腺ホルモン値が正常範囲になっている。
 但し、甲状腺機能低下症よりは軽度の異常であるため、
 治療が必ず必要という訳ではない。

 

・改善方法には、ホルモン補充療法があるが、その目安は、
 1.甲状腺刺激ホルモンが正常値の倍以上ある。
 2.妊娠を希望する。
 どちらかに該当する場合。

 

・ただし、近年の研究では、潜在性でも治療をしないと、
 不妊、流産、早産、生まれた子供の知能などに影響がある可能性もある
 ことが分かってきたこと。

 

記事の最後は、
「不妊治療専門クリニックでは、甲状腺を調べることは増えてきたが、
十分浸透していない。不妊、流産、早産の経験のある女性は、
一度は甲状腺の検査を受けてほしい。」
と結ばれていました。

 

読売新聞の記事にリンクを張りたかったのですが、
有料となっているのに気が付きました。

 

記事を引用して乗せておられるサイトもありましたので、参考にしてみて下さい。
参考: http://d.hatena.ne.jp/shincyan_98/20130831

 

甲状腺機能低下症に限らず、ホルモンが少ないと補充治療が一般的です。
薬の利用に過敏に反応するわけではありませんが、
もう少し自分で身体を動かしていくことで、
甲状腺ホルモンが必要となり分泌されやすくなるような状況を
作り出していくような方法を平行して取り入れるやり方もあるのではと、
代替医療の立場ではついつい思ってしまいます。

 

少し話は変わりますが、
不妊症や流産などに関しては、女性だけの問題ではありません。
半分は男性の問題とも言われています。(今更かもしれませんが)
次の機会にこの辺りをもう少し記事にもしてみたいと思います。

 



視力回復トレーニングは本当に有効!?

子どもたちの夏休みも終わろうとしていますが、
元気に新学期を迎えられそうでしょうか?

 

個人的な話になりますが、
先日、運転免許更新を行ってきました。
(残念ながら、今回はGold→Blueへの変更)

 

前回の違反は、忘れもしないレッカー移動。
花屋さんで買い物をしている時に、
戻ったら車が無くなっており、
頭の中に一瞬『???』が点滅し、
レッカー移動のシールを見つけた時に、
顔が青ざめたのを今でも覚えています。
(車を離れたのは、僅か15分前後だったと思うので、
余計にショックは大きかったです。)

 

後日確認すると、その花屋さんには、
なんと駐車場があったという事実も判明!

 

教訓
1.ちょっとくらい大丈夫と思っても油断しない。(←ではなく、ルールは守ろう!!)
2.何でも(迷ったら)聞いてみる。

 

少し話が逸れてしまいましたが、
今回の免許更新で気になっていたのが、視力のことでした。

あなたの視力は大丈夫?

 

というのも、
高校生の頃に右目だけ視力が少し悪いのに気が付き、
免許更新においても、1度だけ『運転時メガネ必要』という、
条件付きだったことがあったためです。

 

今回の免許更新では、問題なく視力検査をパスしましたが、
実は、視力回復トレーニングも少し意識的に
継続しているおかげもあったように思います。

 

視力回復トレーニングにも色々と取り組んでみたりもしましたが、
現時点では、

 

■ウインク視力回復法
■目を含めた身体の緊張を取り除く
この組み合わせが、効果的なように感じています。

 

視力回復に限らず、『トレーニング』と呼ばれるものには、
継続すれば効果は出るが、止めた途端効果が無くなってしまう
トレーニングというものもあります。

 

でもこれは、少し寂しさを感じるトレーニング
でもあるのは事実のような気がします。
(筋トレがその代表選手ですよね?)

 

同じトレーニングをするなら、
『効果が無理なく持続して欲しい』
と考えるのは、欲張りな私だけでしょうか?

 

でも、そんな都合の良いトレーニングって、あるのでしょうか?

 

実は、あると私は思っています。

 

特別なことではなく、
日常生活を最大限活用するというのが、そのヒントです。

 

特に身体は、刺激に対して素直に反応してくれるものです。
筋力を付けるのもトレーニングですが、
筋肉の緊張を少なくするのもトレーニングです。

 

どちらも確かに効果がありますが、
筋肉の緊張を無くすトレーニングは、
どうもあまり注目されることが少ないのが残念です。

 

無理をして『老化』にまで逆らおうなどとは思いませんが、
せっかくならトレーニングも上手く活用したいものです。

 

様々な視力回復方法があるかと思いますが、
『身体の余分な緊張を取り除くこと』も、
合わせて取り組まれると、効果はUPすると思います。
是非お試し下さい。

 

当研究所の大きなテーマの1つも、
身体の緊張を少なくする!!です。
ご興味おありでしたらご相談下さい。

 



武道家が観た症状とは?

暑い毎日が続きますが、お変わりありませんでしょうか?
これだけ暑い日が続くとと汗をかくのはもうイヤ!
と思われている方も多いかもしれませんね。

 

毎年夏になると、徒歩通勤(自転車を押しながらの行)を
しなくなる私もあまり偉そうなことは言えませんが・・・。

 

これまで何度か『病気や症状』の解釈に関連する内容を紹介してきましたが、
武術をしている人からみた『症状』を紹介しているものがあったので、
紹介させていただきます。

 

■症状とは?

 システム全体のダウンによって生じたほころびであれるが、
 それは、かなりの部分本人の意思が混じっている。
 症状が出る場所は、微妙に患者の無意識的な主体的選択が入り込んでいる。
 その結果、病気がその人の作品となる。
(以上、『私の身体は頭がいい/内田樹』より)

 

武道の達人もやはり、症状とココロの関係を
上手く見極めておられるようです。

 

これまでに何度かご紹介しているかと思いますが、
著者の内田先生は武道家(合気道)であり、大学教授という、
少し特色のある思想家です。

 

身体論や体とココロの関係に興味がある私には、
この内田先生から学ばせてもらうことや影響は、
非常に大きいのを感じています。

 

ただ少し課題なのは、
『身体の訓練を継続すること』と、
『内田先生の本を読むこと』は、
根気とエネルギーが私には結構必要ということでしょうか。
興味ある方、是非参考にしてみて下さい。

 

内田先生が語る身体論ですが、
自分の身体に対する感覚が鈍い人や、
武道の稽古やスポーツの練習など自分の身体と
徹底的に向き合った経験が浅い人には、もしかすると
ピンとくるところが少ないかもしれません。

 

しかし、そうでない方が読まれると・・・

 


・身体に対する観方
・自分のパフォーマンス
・稽古や練習の取り組み姿勢

 

がきっと1ランクUPするような内容になっているのでは?
(合気道愛好者には、たまらない内容ですよね?きっと。)

 

難しい文章を読み慣れていない私には
分かりやすい内容ではないために、
十分理解できてい部分も多いのですが、
身体論を学ぶ時には内田先生の存在は
外せない気がしてなりません。

 



もしかして・・・自意識過剰?

先日、クライアントのKさんから本をお借りしました。
テレビでも大活躍中のオードリー若林くんのエッセイです。
こちら。

 

 

『わかる、わかる』とうなずきながら読んでいたのは・・・
私が自意識過剰傾向だったり、社会との接点を
あまり持っていないためかもしれません。

 

『人見知り』と聞いて、
ふと反応してしまった人にはおすすめです。

 

私がのんびりしたペースで活動しているのを
Kさんが心配してくれたのかもしれません。
その本意は分かりませんが、一方的な関係ではなく、
お互いにやり取りがあったり、フィードバックがもらえることは
やはりとてもうれしいものです。

 

Kさんは本好きということで、
子どもが好きな絵本作家のサイン会にも
子どもたちと一緒に参加されることもあるとのこと。

 

本物を体験させる(あこがれの著者に会う)というのは、
子どもにとっては、きっと貴重な体験であり、
忘れられない思い出になっていることと思います。
Dちゃん、Kちゃん、良かったね!

 

Kさん、本ありがとうございました。
また、面白いのあれば紹介してくださいね!