皮膚からの刺激に改めてご注目を!

7月ということで、2013年も後半がスタートしますね。
夏の暑さはこれから本番を迎えるかと思いますが、
お変わりありませんでしょうか?

 

夏になると、肌(皮膚)の露出が気になる方も多いことと思います。
健康状態の良い時には、肌の状態も良いことからも分かるように、
皮膚の状態を診れば、健康状態を含めて色んなことが分かるものです。

 

そこで今回は、皮膚に関連した書籍のご紹介です。
整体・カイロなどの徒手療法と皮膚からの刺激とは、
切っても切り離せんので、色々と勉強になります。

 

 

子供の「脳」は肌にある』を一度以前に読んでから
久し振りに著者の本を読んでみました。

 

基本的には著者の主張や方向性などは変わっていないようです。
しかし、本書では五感の発生や進化と皮膚の関係を納得しやすく
紹介されていたり(言われてみれば当たり前かもしれませんが…)、
触れ方についても詳しく紹介されています。

 

・皮膚の驚くべき機能
・五感の発生と皮膚
・皮膚が心に与える影響
・自己と社会の病理
を中心テーマにした4部構成。

 

本書は整体、カイロ、マッサージなど人に触れることを
仕事としている人には活用度大なのはもちろんですが、
教育関係者や子育て中の親、そして、社会に生きている
つまりは皮膚を持って存在している誰もが何らかの気付きを
得られるようなヒントがあります。

 

ただし、一般的に非科学的と言われている代替療法を
取り上げて紹介している部分もあるので解釈には少し注意が
必要かもしれません。

 




この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする

Spam Protection by WP-SpamFree