森田療法のおすすめ書籍ならこの1冊

ブログのトップページの画像に紫陽花の花写真を
使わせていただいたのですが、その時に偶然初めて利用
させていただいたのが『写真素材 足成』というサイトです。
全て無料、ロイヤリティフリーにもかかわらず、
その写真の見事さに思わず圧倒されてしまいました。

 

デジカメのおかげで写真撮影は随分と簡単になりましたが、
なかなか思うような写真は撮れるレベルに私は全く至っていません。
せっかくなので、デジカメ写真の撮影技術も、
もう少し学んでみたいと思っているところです。

 

写真撮影なら任せて!
素敵な素材サイト知ってるよ!
という方おられましたら、また教えていただけると嬉しいです。

 

さて、森田療法に関連しても何冊か本を手にしてみましたが、
これは本当に見事だなという本が1冊ありましたので、
ご紹介させていただきます。

 

 

あとがきに書かれているとおり、
・森田療法を若干経験したことのある方
・精神心理療法として森田療法の初歩を学びたい方
がターゲットの本であり、
まえがきに書かれているとおり、
『森田正馬が言わんとしたことを、
できるだけ忠実に現代の言葉で言い表し、
時代による「ずれ」を修正してみたい』
という著者の目的が見事に果たされています。

・森田療法の基本的理解
・森田療法のキーワード解説
・森田療法を実践するヒント  の3部構成

日本人にはやはり東洋思想というか、
日本人流がよく合うというのを
改めて実感させられます。

神経症に限らず、生きづらさや、心の葛藤を
感じることがある方にはきっと役立ちます。

(少し大袈裟ですが)読むだけで、
肩の力を抜き、人生の流れに乗るという
具体的なイメージが沸いてくるように思います。

森田療法の理解というより、
自分自身の生き方/在り方に随分参考になりました。

 

これを読まれて、森田療法の生みの親である森田正馬先生ご自身に
興味を持たれたら、同じ著者による『森田正馬が語る森田療法』も
セットで読まれてはいかがでしょうか。

 




この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする

Spam Protection by WP-SpamFree