ゲシュタルト療法を学ぶ・知るきっかけに

 

概要だけを知っていたゲシュタルト療法について
もう少し学んでみたいと思い本書を手に取りました。

 

より忠実に理解をするためには、
原書を手にするべきかもしれませんが・・・
原書は20年以上前の本であるために古さを感じたことと、
翻訳書で理解するのはどうも苦手という個人的な理由で
本書をまず読んでみました。

 

結果としては、ゲシュタルト療法の入門書として
本書を選択したのは私には大正解でした。

 

ゲシュタルト療法の概要だけでなく、数は限られていますが、
セッションの具体例とアプローチ方法がわかりやすく
紹介されています。心理療法やカウンセリング、そして、
「今、ここ」「体の声を聴く」などに興味あるけれど
ゲシュタルト療法を詳しくは知らない方にはおすすめの
入門書です。

 




この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする

Spam Protection by WP-SpamFree