自然なお産の入門書

 

著者の吉村先生ご自身も言われているように、
本書はあくまでも吉村先生がたどりつかれた
自然なお産のエッセンスを紹介する入門書です。

吉村先生のことを誤解しないためには、
お産!このいのちの神秘』や『いのちのために、いのちをかけよ』
などで理解を深める必要があります。

少し女性を神聖化しすぎているように
感じられるところもありますが、50余年を
自然なお産に命を懸けてこられただけの
気迫が伝わってきます。

『自然なお産』に初めて興味を持たれる方には
参考になると思います。ただし、入門書とは言っても、
お産や具体的方法などの詳しく紹介ではない点にはご注意を。
心がほっとるすようなイラスト共に、
数時間で読めるまさに入門書です。

同じ系列ではありますが、興味を持たれた方には、
分娩台よ、さようなら』をおすすめします。
古い本ではありますが、本当に参考になるはずです。

 




この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする

Spam Protection by WP-SpamFree