創楽カイロプラクティック研究所

自分の取説(少し元気が無い時には)

好きな本を読む時間が少なくなると、
気分が沈みがちなことを自覚している
創楽カイロの酒井です。

つい先日も本が好きなクライアントのKさんと
子供向けの絵本の話題で盛り上がりました。

ヨシタケシンスケさん、ご存知の方も多いかと思います。
例えば・・・

少し前に小学2年生の息子が、
図書館で借りてきて読んでいたのを
私もたまたま読んでいたのですが
『なるほどね~』と感じる部分多かったです。
いつもその発想の豊かさに圧倒されます。
大人が読んでも楽しめる絵本です。

ヨシタケシンスケさんの本には、
トリセツ・カラダ』という本があるのを思い出しました。
(これは、身体の仕組みの一般向けの本)

トリセツでふと思いついたのですが・・・・・

『自分の取説』お持ちでしょうか?

自分の取説。
一言で言ってしまうならば、
自分が機嫌よく過ごせる方法を自分が分かっていること。
という感じではないかと思います。

今回は、ストレス解消にもきっと役立つ、
少し元気が無い時の取り扱い方法のご紹介です。

用意するのは、1枚の紙と鉛筆/ペンだけ。
スッキリしない気分の時や元気が無い時には、
以下の3つの質問に対する答えを書き出してみてください。


1.自分が好きなこと
2.興味があること・やってみたいこと
3.自分の長所や得意なこと

書き出したら、普段からよく目につく場所などに
貼っておいてみてください。
手帳などに書き写しておくのもおすすめです。

本当なら自分のことを一番よく知っているのは自分。
思考、体調、好き嫌いなど、自分のことをよく知っていれば、
自分なりの対応で快適に、機嫌よく過ごせることも多いはず。
ですよね?

しかし、自分の体の声を聴くことを含めて、
自分とじっくり付き合う時間が
少なくなっている人が多いように思います。

自分と向き合う時間が少なくなった結果、
多くの人が感じるのがストレスなのではないでしょうか?

ストレスは、腰痛の8割の原因などと言われることもありますが、
身体に大きな影響を与えているのは間違いありません。

スマホをする時間が多くなり過ぎてはいないでしょうか?
スマホ首による、肩こり、頭痛、めまいなどはありませんか?
何ごともやり過ぎには、ご注意を!!

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

豊中市の整体 創楽カイロ研究所は、
自分で体調管理のきっかけ作りに
取り組む方を応援しています。

豊中市岡町北3-5-17-103
TEL.06-6226-7750

Return Top