創楽カイロプラクティック研究所

ペットボトルを利用したヒヤシンスの水栽培

立春を過ぎ、春を心待ちにしている
豊中市の整体 創楽カイロの酒井です。
『鬼はーそと。福はーうち。』
節分では、豆まきされましたでしょうか?
どうか、良い季節が巡ってきますように。

 

さて、今回はペットボトルで育てたヒヤシンスが、
無事に咲いてくれたのでうれしくてご紹介させていただきます。

ヒヤシンスの水栽培

ペットボトルからヒヤシンス

 

『よろしければ、育ててみませんか?』
と、Sさんからヒヤシンスの球根を2つ頂いたのが、
昨年11月末頃だったでしょうか。

 

12月上旬に、ペットボトルを加工して育ててみました。
2ケ月程時間はかかりましたが、無事に花を咲かせてくれました。
Sさん、どうもありがとうございました。

 

切花や苗を買うことに慣れていると・・・

 

種から育てるということ、
つまり植物の成長には、時間がかかるという
当たり前のことをつい忘れてしまいがちですが、
(子育てでも大切な)『待つ』ということの
面白さや大変さを改めて気付かされたりもします。

 

今からでは遅いかもしれませんが、
お手軽に楽しめる水栽培です。
次の季節は、11月~12月頃かと思いますが、
ペットボトルでのヒヤシンス栽培いかがでしょうか?
(参考:『ペットボトルでヒヤシンス栽培』)

 

立春を含めて
『季節の変わり目は、体調や自律神経も乱れがち』
というのを実感されている方も多いかと思います。

 

普段からのお身体のお手入れには気をつけて、
残りの寒さを乗り切ってくださいね。

 

追記(2014/02/28)>>
いただいたヒヤシンスの球根2個目も、
ちゃんと花を咲かせてくれましたよ。

ヒヤシンスのペットボトル栽培

時間はかかるけどやっぱりうれしい。

 

自律神経失調症に限らず、
季節の変わり目にも影響されない
丈夫でしなやかな身体作りを豊中市の整体 
創楽カイロプラクティック研究所は応援しています。

豊中市岡町北3-5-17-103
TEL:06-6226-7750

 

Return Top